最高のプレゼントは「一人の時間」

最高のプレゼントは「一人の時間」

結婚してもう早十年近く経とうとしています。
現在は専業主婦で、三人の子供の育児と家事に追われる日々を過ごしています。

 

子供が生まれる前は、赤ちゃんが生まれるのを待ち望んでいたのですが、いざ子育てをしてみると、お茶を入れて小休憩しようにも、お茶が冷めてしまうほど座っている暇がなく、トイレにもゆっくりいけない日々が待っていました。

 

「子供が生まれたら、十年は自分の時間はないと思え」
と以前実家の母に言われたのですが、なるほど、その意味がやっとわかりました。

 

毎日ヘトヘトで、子供たちが就寝すると、やっと訪れる自分の時間ですが、もう疲れすぎて何もやる気が起きず、ボーっとテレビを見ながら寝てしまい、気が付くと朝になり、また一日が始まる、の繰り返しです。

 

主人は子煩悩で仕事も一生懸命、子供たちも愛おしい存在なのに、なぜかモヤモヤする毎日。。。

 

そんななか、もうすぐやってくるわたしの誕生日。

 

誕生日には毎年「一人の時間」をプレゼントしてもらっています。
アクセサリーも花束も何もいらない、ただ、自分一人で好きなことをする時間が欲しいんです。

 

同じ気持ちのお母さんは、たくさんいらっしゃるんじゃないかなぁ。