子どもを産むために本当に葉酸サプリって必要?

葉酸サプリの必要性について

葉酸は水溶性ビタミンB群の一種で、赤血球を作り出したり、細胞を新しく作り出す手助けをする働きがあります。

 

また葉酸は妊娠を希望する人、妊娠中の人にとってとても大事な栄養素で、胎児奇形のリスクを軽減するために1日の摂取必要量が母子手帳にも記載されているほど、妊娠と関わりが深い栄養素です。

 

妊娠初期には胎児の無脳症や二分脊椎などの先天異常のリスクを回避できる役割がありますし、妊娠中、胎児への栄養は母体から流れてくる血液によって受け取っています。

 

そのため葉酸の新しい赤血球を作り出す造血効果によって貧血を防止し胎児への栄養不足を予防する働きがあります。

 

他にも妊婦さんが鉄分不足になると氷食症やむずむず脚症候群と呼ばれる病気になることがありその予防にもなります。
そして出産後の授乳期には母乳を通して赤ちゃんへ必要な栄養を送り赤ちゃんの発達障害のリスクを軽減する効果があります。

 

このように妊娠前から出産後までずっと必要になる栄養素です。
また、この栄養素は野菜などにも含まれていますが熱に弱い性質があり、大量に摂取することが難しいため、摂取したい方にはサプリメントをおすすめします。

 

特に、妊娠前、妊娠初期に必要とされている葉酸の量は食事から摂取するのは不可能に近いですので葉酸サプリメントが必須と言われています。現在では様々なメーカーから葉酸サプリが販売されており、一昔前とは異なりその重要性が広く認識されています。

 

 


http://www.kasvunpaikka.com/